ここから本文です

「本当に全力を出し切った」 ヒュー・ジャックマンが語る『LOGAN/ローガン』特別映像公開

5/17(水) 12:00配信

ぴあ映画生活

ヒュー・ジャックマン主演作『LOGAN/ローガン』が6月1日(木)より全国公開される。3月3日に公開された全米では、3日間で8530万ドル(約97億円)を記録し、全世界では6億ドル(約650億円)を突破する大ヒット(5月15日付けBoxofficeMojo調べ)。この度、公開に先駆け、来週来日を予定しているヒュー・ジャックマンのインタビュー映像が公開された。

『LOGAN/ローガン』ヒュー・ジャックマン、インタビュー映像

『X-MEN』シリーズのスピンオフ『ウルヴァリン』シリーズ最新作となる本作は、ジャックマンが“最後”のウルヴァリンを演じるアクション映画。ウルヴァリンことローガンが、邪悪な敵につけ狙われるローラという少女を守るために奮闘する模様を描く。

ローガン役で国際的なスーパースターとして揺るぎない地位を築いたヒュー・ジャックマンにとっては、ハリウッドでの成功をたぐり寄せた最も思い入れの深いキャラクターだ。『ウルヴァリン:SAMURAI』では、マンゴールド監督がメガホン取り本格的に日本ロケを敢行。それだけでなく、来日時には、富士山に登頂したり、東京の地下鉄に乗り「SUBARASHII !!!!!」とSNSに投稿したり、『X-MEN:フューチャー&パスト』のPRで来日した際には「最高の国を最後にとっておいたんだよ、ジャパン」とファンを喜ばせたりと親日家としても有名だ。そんなジャックマンが最後のウルヴァリンを演じた本作を引っさげいよいよ来週、来日する。フォトギャラリーでは、2000年公開『X-MEN』から2014年公開『X-MEN:フューチャー&パスト』までのジャックマン来日時の写真を見ることができる。

この度公開されたインタビュー映像では、本作でローガンは治癒能力を持っているが、徐々に老衰しているといい、「彼の人生の盛りはとっくに過ぎていて、助けを求める人々の声に応えるつもりはない」と説明する。それは、肉体的なことだけでなく「彼は長い人生の間である結論にたどり着いている。人を助けると状況は悪化し結局は自分の愛する人を傷つける」と孤独を感じながら生きていることも懐述する。

そんなローガンに年老いたチャールズ・エグゼビアは、ローラという謎めいた少女を守るミッションを課す。「ローガンの周りには分厚い壁があり他人が容易に侵入できない」とジャックマンは分析するが、ローガンは、ローラとどういう関係を築いていくのか気になるところだ。

最終更新:5/17(水) 12:00
ぴあ映画生活