ここから本文です

ボーイング、「737 MAX」を初納入 ライオン航空傘下のマリンド航空

5/17(水) 18:17配信

sorae.jp

ボーイングは5月16日(現地時間)、シアトルにて小型ジェット機「737 MAX 8」の初号機をマリンド航空へと納入しました。同社の「737 MAX」としては初めての納入となります。
 
737 MAXはナローボディーの小型機で、新型エンジンを搭載するほかボーイング・スカイ・インテリアによるLED照明を導入するなど、内装も一新。また737 MAX 7、737 MAX-200、737 MAX 9などのバリエーションがあり、全世界87の航空会社から3,700機以上の受注を受けています。
 
今回の納入に際し、ボーイングでCEOを務めるKevin McAllister氏は「(737 MAX)はナローボディー機の市場の様子を一変させるだろう。クラスで最高の性能を達成し、同時に素晴らし経済性も実現している」と述べています。またマリンド航空でCEOを務めるRama Muthy氏も「この新しい航空機は新たな路線を開拓し、顧客にも金銭的なメリットをもたらせるはずだ」と期待を寄せています。

最終更新:5/17(水) 18:17
sorae.jp