ここから本文です

【巨人】菅野が高速魔球・ワンシームに込める日本球界への使命感

スポーツ報知 5/17(水) 5:00配信

 巨人がエース・菅野の快投で連敗を2で止めた。最速154キロで落ちる魔球・ワンシームを効果的に操り、8回を1失点。ハーラートップタイの5勝目を挙げ、プロ通算50勝に王手をかけた。打っては4番・阿部が初回、左翼ポール際へ先制の8号2ラン。歴代単独22位となる通算381号を放ち、菅野を援護した。阿部は5回に2点打を放つなど、4打点の活躍。投打の柱がしっかりと役割を果たした。試合時間2時間16分は、今季セ・リーグ最短だった。

【写真】5勝目をあげファンの声援に帽子を取って応える菅野

 序盤にまいたエサが、抜群の効果を発揮した。エースと主砲の大勝負。軍配は菅野の「世界基準」の投球術に上がった。4点差の8回1死満塁、山田を初球外角スライダーで投ゴロに料理した。1、2打席目は徹底した内角攻め。懐を意識させて踏み込ませない配球に「完璧でした」。一塁線の弱いゴロを本塁にグラブトス。間一髪アウトにする一級品の守備力も見せ、この回無失点で切り抜けた。

 ヤクルト打線を苦しめたのは、直球と同じ球速でシュートしながら沈む魔球・ワンシームだ。早打ちの指示のもとに向かってきた相手に対し右打者内角、左打者外角のストライクゾーンに多投。「右にも左にも良かった」とバットの芯を外した。山田は初回の三ゴロ併殺、4回の初球三ゴロ、ともにこの球。5回の西浦の遊ゴロは154キロで膝元に落ちた。対角のスライダー系と巧みに使い分け、8回91球で圧倒。失点はバレンティンのソロだけだった。

 150キロ超えの直球(フォーシーム)を持つ菅野がなぜ高速魔球・ワンシームを投げるのか。投球の幅が広がるだけでなく、胸中には日本のエースの使命感、世界一への強い思いがある。

 「WBCで明確になったわけですから。動くボールに対応できなかった。もちろん基本が直球という考えは変わらないですが、そういう意識を持たないと、いつまでたっても日本の野球のレベルが上がらない。次は東京五輪がある。そういう考え方を世界に発信していかないといけないなと」

1/2ページ

最終更新:5/17(水) 5:00

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 16:30