ここから本文です

スイーツの新潮流! ひと筆描きチョコケーキって?

5/17(水) 20:40配信

ELLE ONLINE

ロシア・モスクワにあるベーカリー「カラバサ」のインスタグラムで発見! 新しいケーキデコレーションの技をご覧あれ!

ロシアにあるベーカリー「カラバサ」のインスタグラムでは、クラシックなエクレアとバントケーキ(リング状の型を使って作られるケーキ)のほかに、ひときわ目立つ投稿がある。それが、チョコレートでできた色とりどりのひと筆描きデコレーションがされた、美しくてアーティなレイヤーケーキの写真だ。

こちらは、ケーキの半分をひと筆描きチョコ(この店では「チョコレートの羽塗り」と呼ばれている)で覆い、残りを補色のチョコレートスプラッターとエアブラッシングで仕上げられたゴージャズな一品。

続いてこちらは、生花とペアリングさせた美しいケーキたち。パステルカラーの3色をベースにしたひと筆描きチョコを、シンプルなケーキにバランスよく添えるだけ。たとえばガーデンやテラスでのギャザリングや、アートギャラリーや旬のレストランでロマンチックなお祝いをするときなど、上品でいてドラマティックな演出にぴったり。

このデコレーションの良さは、思いつくどんな色のコンビネーションでも合うことだ。濃い青や緑、そしてやわらかいピンクやオレンジまで、好きな色を合わせても素敵に仕上がる。しかも、実は、見た目よりも作るのは簡単なんだとか。次のページでは、そのレシピをご紹介!

<作り方>
1. デコレーション用チョコレートを電子レンジで完全に溶けるまで、約30秒温める。

2. 清潔で乾いたペストリー用の筆に溶けたチョコレートを取り、鉄板の上を覆ったクッキングシートに好きな長さで筋を描く。

3. 冷めたら、ベーキングシートからチョコレートをゆっくり外し、ケーキやカップケーキの上に並べたら完成。

カップケーキには、ひと筆描きチョコを、こんな風に小さなサイズ(3~5cm)にしてトッピングすればOK。

original text: Lindsey Matthews translation: Midori Oiwa

※この記事は、海外のサイト『denish』で掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。

最終更新:5/17(水) 20:40
ELLE ONLINE