ここから本文です

ドナルド・トランプと大統領執務室の赤いボタン:核ミサイルのボタンじゃないよ

5/17(水) 21:10配信

ギズモード・ジャパン

大統領が押す赤いボタンの秘密...。

ドナルド・トランプが大統領に就任してから100日目の節目を過ぎたわけですが、選挙中に約束していた項目はどれも思い通りにスムーズにはいっていないようです。

しかし一つ、彼が成し遂げた事業があるんです。それが大統領執務室の彼のデスクに設置されたボタンです。大統領の前に常に据えられているこのボタン、押すとよく冷えたコカコーラが届けられる「コカコーラ注文ボタン」になっています。

先日、Financial Timesに掲載されたインタビューでは次のようなやり取りが行なわれました。

ドナルド・トランプに向かい合って座る私の注意を捉えたのは彼のデスクの上にある箱についてある小さい赤いボタンでした。

「これは核ボタンじゃないですよね?」と私は指差して聞きました。「違う違う、皆そう思うんだけど」とトランプは言って前にのり出してボタンを押し、コカコーラを頼みました。

「私がこのボタンを押すと皆ちょっと緊張するんだ」

核ボタンのくだりは笑えそうで笑えないのが皮肉ですが、Gideon Resnick氏(https://twitter.com/GideonResnick)がツイートした写真で電話の横に置かれたコーラボタンが確認できます。

そしてトランプ寄りの角に目をやると...コカコーラ!

Eric Geller氏(https://twitter.com/ericgeller)が拡大してボタンを確認しています。

コーラボタンがメディアで話題になるのはこれが初めてではありません。APもこのコーラボタンについて記述しています。

富と富に付随する恩恵に慣れているトランプは大統領官邸での生活を満喫しているようです。しばしば、官邸に存在する歴史的な意義を持つ装飾のあれこれを語って来客を楽しませます。何十年にも渡り大統領たちが使用してきた執務室のデスクには赤いボタンが設置され、それを押すとホワイトハウスの執事が大統領のためにコーラを届けるようになっています。

いろいろなことに一過言のあるトランプ大統領ですが、コカコーラも例外ではありません。特にダイエットコーラについては懐疑的のようです。

一連のツイート(https://twitter.com/realdonaldtrump)には、上から次のようなコメントが書かれています。

「ダイエットコーラを飲んでいる人で痩せた人は見たことない」

「ダイエットコーラやダイエットペプシといった類は飲めば飲むほど体重が増える?」

「人々は私のダイエットコーラのコメントで騒ぎ立てている。現実を直視しよう。これは効果が無いんだ。飲むと腹が減るようになってる」

「ダイエットコーラのツイートに対する反応が膨れ上がってる。ったく、私だっってダイエットコーラの効果があればよかったのにと思ってるんだ」

「ダイエットコーラに関する私のコメントに反応がたくさんきている。現実を見ろ、効き目は無い。ただ腹が減るだけだ」

実はこのボタン自体はこれまでも存在していたそうですが、ボタンを押すとジュースが届くように命じた大統領は我々の知っている範囲では初めてです。

top image: Pool/Getty Images News/ゲッティイメージズ
source: Financial Times, AP, Twitter 1, 2, 3

William Turton - Gizmodo US[原文]
(塚本 紺)