ここから本文です

有働アナ&井ノ原、NHK会長の「『ひよっこ』主題歌は意味不明」発言に反論!?

5/17(水) 18:35配信

トレンドニュース(GYAO)

NHK上田良一会長が、放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌である、桑田佳祐の楽曲「若い広場」を絶賛しつつも、一部「歌詞が意味不明」と言ったことが話題になる中、有働由美子アナウンサーとV6・井ノ原快彦が、会長の意見に言及した。

【無料配信】5分でわかる『ひよっこ』第1週ダイジェスト映像>>

5月17日放送のNHK総合「あさイチ」では、有働アナと井ノ原が直前に放送されていた「ひよっこ」の感想を語る中で、「若い広場」にも触れた。有働アナが「やっぱり桑田さんの主題歌がいい」と称賛すると、井ノ原は「会長に言った方がいいよ」と渦中の発言をネタにした。

有働アナは「想像力を掻(か)き立てられるところがいい」と語り、井ノ原も「さなぎはいつか蝶(ちょう)になるわけだから。いつ蝶になるのか見守りましょうよ」として、物語を引き立てる主題歌の魅力を熱弁する。再び有働アナに「会長に言った方がいいよ」と提案して、有働アナも「言ってみる」と頷(うなず)いてみせた。

NHK上田会長は11日に都内で行われた定例会見で、「若い広場」について、メロディーを褒めつつ、「歌詞が難しい。どういう歌詞か調べてもらったが、それでも意味不明な部分がある」と発言したと報じられている。

(文/原田美紗@HEW)