ここから本文です

老舗発、上質文具6選

5/17(水) 20:50配信

ELLE ONLINE

ご祝儀袋から、礼状、季節のお便り、心付けをおさめるぽち袋、封を開けると香る文香まで、いざという時に持っていると、“ステキ!デキる!”と思われること必至!

メール全盛の時代だからこそ、気持ちや想いを丁寧に伝えるべきときは、こんなぬくもりのある和紙アイテムを活用してみては? デキる女子なら、老舗文具店のアドレスだってインプット!

小津和紙

1.花ごろも 祝儀袋(もも)¥600 2.めでた箔 ぽち袋 切り結び(金、2枚入)¥320 3.美濃和紙 のしシール¥280 4.越前ポチ(大)¥300 5.金封 キラ刷り (白鳥、3枚入)¥250 6.京のぽち袋(黄、5枚入)¥300/以上小津和紙

1653年に東京、日本橋で誕生した和紙専門店。△に久の家紋入りの大きな暖簾が目印の店内には、書画用紙や便せん、はがき、金封など全国各地から集まった3000点以上の和紙と和紙雑貨が揃う。ショップの他に、東京では珍しい手すき和紙の体験ができる工房や、ギャラリー、史料館も併設。360年以上続く老舗だからこそ伝えられる、和紙の魅力や指導員による伝統技は必見。
 
東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル
tel.03-3662-1184
営業時間/月曜日~土曜日 10:00~18:00
定休日/日曜日・年末年始

榛原

1.榛原WASHI TAPE 色硝子(赤)¥432 2.紅ふちレターセット¥1681 3.小さい蛇腹便箋 (梅) ¥540 4.婚礼用金封 千代紙 寿 ¥1,681 5.榛原復刻図案ぽち袋(櫻) ¥540(すべて税込)/以上榛原

近代日本画家の作品をもとにした和柄や、鮮やかな発色を活かしたモダンなデザインが特徴の和紙店「榛原」は、1806年の創業以来「和紙のあるくらし」をテーマに、現代人のニーズに合わせた和紙小物を提案。便せんやポチ袋はちょっとしたお礼にも使えるミニサイズを展開したり、マスキングテープや手鏡など、和紙をもっと身近に感じられる物づくりに積極的で、幅広い世代から人気を集める。
 
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
tel.03-3272-3801
営業時間/月曜日~金曜日10:00~18:30(土曜日・日曜日~17:30)
定休日/祝日、年末年始、お盆

1/3ページ

最終更新:5/17(水) 20:50
ELLE ONLINE