ここから本文です

“帝一”メンバー再結集で菅田将暉に野村周平がキス!? 菅田は大ヒットに「泣きそう」

ぴあ映画生活 5/17(水) 17:30配信

古屋兎丸の原作コミックスを実写化したパラフルな青春群像劇『帝一の國』が、観客動員数100万人を突破! これを記念して、17日、都内劇場にて、声出し、拍手、サイリウム(ペンライト)、合唱、コスプレなどをしながら楽しめる“応援上映”が行われ、本編終了後に主演の菅田将暉、共演の野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳が、サイリウムを手に登壇した。最後にはキャストたちが菅田に卒業メッセージを送り、劇中でライバルを演じた菅田と野村はキスする相思相愛ぶりを見せつけた。

『帝一の國』大ヒット御礼舞台挨拶、その他の写真

上映中、観客の姿をバックステージのモニターで見ていたという“帝一”メンバー。実は15日の夜にも都内劇場で応援上映が行われており、菅田はその日も、お忍びで行ったと明かし、「人生で初めて自分の映画を映画館で観ました。原作の古屋さんと一緒に観たんですけど、先生も喜んでましたし、みなさんの意外な反応が見られて楽しかったです」と振り返った。

また普段のメンバーはバックステージで「言えないことばかり話している(野村)」といい、志尊が「今日、みんなと久しぶりにあったんですけど、祥太朗くんが、ずっと僕のお尻から手を離さないんです」と告白。間宮は「やめてよ~」と恥ずかしがったが、竹内が「でも、嫌じゃないんでしょ」と聞くと志尊も「うん」と応じるなど、すっかりリラックスした空気が漂っていた。

都合で不参加となった千葉雄大に関しても、その都度、メンバーの口から「じじい(千葉)は…」と触れられ、本当に仲が良い“帝一”メンバー。だが、そんな彼らが顔を揃えるのも、今日でラストということで、それぞれが菅田にメッセージを送ることに。「また一緒に作品をやって、日本の映画を盛り上げられるように仲間としてやっていきたい。大好きです(竹内)」、「菅田くんに引っ張ってもらって付いていくことで、光明を作ることに繋がりました(志尊)」、「赤場帝一は主席だけど、僕等の世代の役者の首席はあなた。みんなで集まれて、映画が大ヒットして素晴らしいことだと。僕等の世代の代表作になったと思います(間宮)」。

みんなが菅田に感謝を言う間も常におちゃらけ、「こういう空気、一番嫌い」と言っていた野村も、「帝一で再会して、菅田くんの腐れ縁(役)として出られてホントよかったと思いますわ。これからも負ける気はないし、高めあっていけたらなと」と普段は言えない本音を語り、菅田に近づいて口にキスすると客席から悲鳴が上がっていた。

最後は菅田が「俺らが学生の頃に観ていた『クローズ』とか『バトロワ』とかの熱量を持った作品に、果たし状を送る気持ちで。表には出さなかったけど、そんな気持ちで毎日やれたと思います。また10年後、20年後と節目節目に集まって、なにかおもしろいことを日本に叩き込めれば。(そして観客に)楽しもうとしている方がたくさんいて嬉しいです。幸せです! ちょっと泣きそうです」と感謝を述べた。

『帝一の國』
公開中

取材・文・写真:望月ふみ

最終更新:5/17(水) 17:30

ぴあ映画生活