ここから本文です

捜査妨害?FBIに“ロシア疑惑”の捜査中止を要請か

ホウドウキョク 5/17(水) 16:15配信

アメリカメディアは16日、トランプ大統領が、FBI(連邦捜査局)のコミー前長官に対して、側近への捜査をやめるよう直接要請していたと報じた。

フリン氏への捜査をやめるよう要請

ニューヨークタイムズ紙などによると、トランプ大統領は、ロシアとの不透明な関係にからんで辞任したフリン前大統領補佐官に対する捜査について、2017年2月、FBIのコミー前長官に、「フリン氏はいい人物だ。彼を自由にしてくれることを望む」と述べ、捜査をやめるように要請したという。

捜査妨害の懸念から、会話をメモし、FBI幹部に伝える

トランプ大統領からの要請は、フリン氏の辞任翌日の出来事で、コミー氏は、捜査妨害の懸念から、会話をメモに残し、FBI幹部にも内容を伝えていたという。
ホワイトハウスは、これを全面的に否定するコメントを発表しているが、捜査介入が事実とすれば、大統領の「弾劾」にも発展しかねない。

一方、トランプ大統領がロシアのラブロフ外相に機密情報を漏えいしたとされる疑惑について、「情報はイスラエルから提供されたものだった」とメディアが伝えている。

大統領補佐官は、「国民の安全のため必要と考える情報を共有するのは全く適切なことだ」と釈明している。

最終更新:5/17(水) 16:15

ホウドウキョク