ここから本文です

拡張整備の新湊マリーナ 日本海側最大級の大型クレーン/富山

チューリップテレビ 5/17(水) 20:33配信

 県が拡張整備を進めている射水市の『新湊マリーナ』に、日本海側最大級の大型クレーンが、完成しました。

 県が『新湊マリーナ』に、クラブハウスとともに新たに整備したのは、マリーナに入ってきた船を陸上の保管施設に置くための大型クレーンです。
 船の全長が18メートルまでの大型のヨットやクルーザーを吊り上げることができ、日本海側では最大級だということです。
 県では、北陸新幹線の開業や『世界で最も美しい湾クラブ』への加盟を期に、県内外の船舶オーナーを誘致するために、総事業費15億1900万円をかけて、『新湊マリーナ』の拡張整備を進めています。
 今年度中に整備を終える予定で、整備前には466隻だった収容能力が、水上桟橋と陸上での保管を合わせて、706隻にまで向上します。

チューリップテレビ

最終更新:5/17(水) 20:33

チューリップテレビ