ここから本文です

男女の友情は成立するか? 指原莉乃、ホストの意見に納得

5/17(水) 17:00配信

AbemaTIMES

 HKT48の指原莉乃(24)と、ブラックマヨネーズの小杉竜一(43)、吉田敬(43)がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』が放送された。この番組は、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出し、女子がサイテー男に引っかからないための「ゲス恋から学ぶ恋の教科書」がテーマ。番組の終盤では、「男女に友情はあるのか」を「YES or NO」で回答しながらサイテー男たちが討論。一つの回答が指原の心を掴んだ。

 回答を深堀していくと、「YES」と答えた8人の中から“サイテー男”ならではの回答が登場。東大生の稲井大輝は「友達でもエッチするし普通に遊ぶ」と語り、指原とブラマヨの2人を「(前提として)友達の概念が私たちと違うということ」と驚愕させた。モデル・山ノ内ジャンも「同じ考え」と語り、「ついこの前も、5年間友達だった女の子と“アレッ?”って感じで寝ちゃいました。でもその後も普通でしたね」とのこと。

 一方、同じく「YES」と回答した中でも、アイドル・福本有希は「エッチを含んだら友達ではない」という姿勢を見せ、「この前、タレントの菊地亜美さんと仕事をする機会があったが、直感として“この人は友達だ”と感じた。男にはわからない悩みを相談したいし、一週間くらい隣で寝ていても何も起きないと思う」と回答。マルチタレントの天野眞隆も「中学生の時から仲の良いグループに一人だけ女性がいるけど、下着姿も慣れちゃってムラっとしない」と自身のエピソードを披露した。

 そんな中、「男女に友情はある」と答えたホストのひょうごっちベィベーは「僕も(友達との境界線は)やるかやらないかだと思う」と語りつつ、「やれないブスは友達。可愛い子は全員、僕にとってメス。ブスでも性格がよければ友達になれる」と発言。すると一同は「それは一理ある」とうなずき、指原も「なるほどー」とうなった。

 吉田は「俺らも、ナマイキながら思うことがある。森三中とかハリセンボンとかはやっぱり“友達”で、ちょっと綺麗なクワバタオハラの小原だとまた事情が変わる。友達だけど」と納得顔。指原はひょうごっちベィベーのこの発言を絶賛し、「『ブスは友達にしかなれない』というのは、いままで誰と話しても納得がいかなかった討論に終止符を打ってくれた感じ」と、この日のMVPに認定していた。
(AbemaTV/『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』より)

最終更新:5/17(水) 17:00
AbemaTIMES