ここから本文です

「ポグバのように成長させてくれ」 英紙がコンテに求めるアケ、アブラハムら若手の積極起用

5/17(水) 18:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

若手の起用を求める

これまでチェルシーは大金を使ってスター選手を集め、その圧倒的な戦力を武器にリーグ制覇などを達成してきた。その影響で優秀な若手選手はどんどんレンタルに出され、結局最後までチェルシーに呼び戻されることはなかったというケースが非常に多い。現在も多くの選手がレンタルに出されており、サポーターの記憶から完全に消え去ってしまっている者も多いだろう。

アザールが世界最高になるにはまだ不十分

英『METRO』は指揮官のアントニオ・コンテにこうした若手組を成長させてくれることを期待しており、来季は各ポジションでもう少し若手にチャンスを与えてほしい考えを伝えている。

実際、チェルシーには優秀な若手選手が複数所属している。最終ラインで見ると、まずは今季途中にボーンマスから呼び戻されたナタン・アケだ。サイドバックとセンターバックの両方をこなすアケはボーンマスで好パフォーマンスを披露しており、コンテもしっかり評価している。今季限りでジョン・テリーが退団することもあり、チェルシーの最終ラインは決して層が厚いわけではない。アケにチャンスを与える時があってもいいはずだ。

さらにセンターバックからはレンタル先のボルシアMGで大きく成長したアンドレアス・クリステンセンだ。今夏にはチェルシーへ戻る可能性が高いと言われており、同メディアも期待している。現在のチェルシーでは本職ではないセサル・アスピリクエタがセンターバックを務めており、クルト・ズマとクリステンセンがフィットすればアスピリクエタをウイングバックに戻すことも可能になるなど幅が広がる。

中盤からはボランチの位置でナサニエル・チャロバーとルーベン・ロフタス・チークだ。今季のチェルシーはエンゴロ・カンテ、ネマニャ・マティッチ、セスク・ファブレガスの3人でボランチを回してきたが、セスクにはミランなどが関心を示している。仮に退団した場合はチャロバーら若手にバックアッパーとしてチャンスを与えるのも面白いだろう。

最前線にはレンタル先のブリストル・シティで大活躍している19歳のタミー・アブラハムに期待がかかる。アブラハムは今季チャンピオンシップで23得点を記録するなど大爆発しており、同メディアはバックアッパーにふさわしい存在だと伝えている。今季はジエゴ・コスタのバックアッパーをミッチー・バチュアイが務めていたが、期待通りの活躍とはいかなかった。今やアブラハムの方が得点を期待できる存在と言えるのではないか。

少しばかり話が大きくなるが、コンテはユヴェントスでポール・ポグバを世界トップレベルの選手に育て上げている。英メディアの中にはそれと同じようなことをチェルシーでもやってほしいと難易度の高い要求をしているところもあり、アケやアブラハムなど若手にチャンスが与えられる時を待っている。彼らはチャンスを与えられるにふさわしい活躍をレンタル先で見せてきたが、来季コンテは多くのチャンスを与えてくれるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ