ここから本文です

ホークスが連敗ストップ! 柳田16試合ぶり弾&東浜8回途中2失点の好投

5/17(水) 21:19配信

Full-Count

オリックスは打線が沈黙、再び借金生活へ突入

 ソフトバンクが、オリックスに6-3で快勝した。柳田が16試合ぶりの5号ソロ本塁打を放つなど3打点の活躍を見せれば、先発の東浜が8回途中まで6安打2失点の好投。投打がしっかりと?み合い、連敗を2でストップさせた。

 この日の主役は柳田だった。初回2死での第1打席。オリックス先発松葉の真っすぐを完璧に捉えると、打球は中堅5階席へ飛び込む超特大の5号ソロで先制に成功した。2点差で迎えた6回には、1死二、三塁のチャンスで中前への2点適時打。続く内川の左中間を破る二塁打で一塁から一気に本塁へと生還し、5点目のホームも踏んだ。

 投げては、先発の東浜がオリックス打線を2失点に抑える好投。3回に2死一、三塁、4回には無死一、三塁のピンチを招いたが、後続を完璧に断った。疲労の見えた8回につかまって降板となったが、今季4勝目をマークした。

 前日に連敗を6で止めたオリックスだが、この日は打線が序盤に沈黙。走者は出すものの、得点を奪えなかったことが終盤に響いた。先発の松葉は、5回まで2失点と粘りの投球を見せていたが、6回にソフトバンク打線につかまり、一挙に3失点。この回途中でKO降板した。8回にようやく2点を返したが、反撃もここまでに終わり、再び借金生活へと逆戻りとなった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/17(水) 21:19
Full-Count