ここから本文です

「勤務間インターバル」普及へ初会合

ホウドウキョク 5/17(水) 11:08配信

「勤務間インターバル」の普及に向けて、初会合を開いた。
勤務間インターバルとは、就業から始業までに一定の休息時間を定めるもので、ヨーロッパなどでは定着している。
政府がまとめた「働き方改革実行計画」では、企業に一定の「インターバル」を取るよう努力義務を課すことにしているが、現在は、導入している企業は2.2%にとどまっている。
厚生労働省は17日、有識者による初めての会合を開き、普及に向けたマニュアルの作成などを目指し、議論を始めた。
制度を導入した企業に対する助成金のあり方などについても、検討していく見通し。

最終更新:5/17(水) 11:08

ホウドウキョク