ここから本文です

金田法相の不信任案を提出

ホウドウキョク 5/17(水) 16:59配信

「資質の欠如」を理由に、不信任決議案を提出した。
民進党の笠国対委員長代理は「2転3転する答弁が行われたり、あるいは衆議院規則に反して、たびたび政府参考人に答弁させるなど、私は、国務大臣としてはあるまじき醜態をさらし続けていると」と述べた。
「テロ等準備罪」を新たに設ける法案をめぐり、民進党など野党4党は17日、金田法相について、「資質の欠如ぶりは、憲政史上例を見ない」などとして、不信任決議案を提出した。
衆議院の法務委員会では、午前の理事会で、民進党は法案の採決は17日は行わないと確約するよう求めたが、与党側は応じなかった。
このため、野党4党は不信任決議案の提出に踏み切り、委員会は取りやめとなった。
与党側は18日、衆議院本会議で不信任決議案を否決し、19日にも、委員会で法案の採決に踏み切り、週明け23日の本会議で衆議院を通過させる方針で、与野党の攻防が激化している。

最終更新:5/17(水) 16:59

ホウドウキョク