ここから本文です

初夏の夜に楽しむ古典、大阪・池田で薪能

Lmaga.jp 5/17(水) 16:00配信

大阪府池田市の「池田城跡公園」特設舞台で、5月20日に『いけだ薪能』がおこなわれる。

【写真】これまでにおこなわれた華やかな舞台の様子/『いけだ薪能』、5月20日開催

薪能(たきぎのう)とは、主に夏の夜間、能楽堂や野外に作られた能舞台の周囲にかがり火を焚いて、演じる能楽のこと。平安時代、奈良の興福寺で催されたのが最初だとされ、関西では平安神宮や姫路城、大阪城、生國魂神社などでおこなわれている。

『いけだ薪能』は、池田城を背景に舞台がかがり火で照らし出され、謡や鼓の音色が夜空に響き、新緑さわやかな夕暮れのひとときに、幽玄の世界へといざなわれる。能の演目は、夫婦の変わらぬ愛情と長寿を賛美する名曲「高砂(たかさご)」、中国を舞台として不老長寿への憧憬を描いた作品「菊慈童(きくじどう)」、男2人がお互いのうろ覚えの和歌を馬鹿にし合い、最後は取っ組み合いのケンカになる狂言「土筆(つくづくし)」などを上演する。チケットは大人3000円(当日は3500円)ほか。

最終更新:5/17(水) 16:05

Lmaga.jp