ここから本文です

伊藤英明「もう辞めようと思った」 昼夜逆転の撮影で本音をポロリ?

クランクイン! 5/17(水) 18:50配信

 俳優の藤原竜也と伊藤英明が16日、W主演を務める映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』のジャパンプレミアに、共演の夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩城滉一、仲村トオル、入江悠監督とともに出席。伊藤は撮影を振り返り「どんなに揉めてもいいから、もう辞めようかなと思いました」と本音(?)を吐露した。

【関連】『22年目の告白-私が殺人犯です-』ジャパンプレミアの様子


 本作は、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件から22年後、自身の犯行を告白した曾根崎雅人(藤原)と、犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)が繰り広げるサスペンス。

 イベントでは、物語に絡めた「○○犯」告白をするひとコマもあり、藤原は「近所の野良猫を保護して、家猫にしちゃって」と告白すると、「近所の野良を保護した犯です」と続けた。

 一方、刑事役に挑んだ伊藤は撮影を振り返り、「この作品が、今までのキャリアで一番きつかったです。初日から昼夜逆転で、3日間、(平田)満さんと走るだけでした。どんなに揉めてもいいから、もう辞めようかなと思いました」とジョークを飛ばしつつ、「満さんが走ってるわけですよ」と先輩刑事に扮した平田の姿に感銘を受けたことを述懐。「『上がってこい』って、無言で応援されている感じを受け取りながら、何とか乗り切ることができました」と感慨深そうに話した。

 早乙女は、そんな伊藤とのアクションシーンが印象に残っているそうで、「一本背負いをされて、ゴミのたまり場に落ちる予定だったんですけど、僕の頭がコンクリートに落ちそうになったんです。そこを、伊藤さんが気づいて、腿をガッと入れて、かばってくれたんです。ものすごいスピードで、その時にめちゃくちゃキュンとして…」と回想。これを受けた伊藤は「太一、俺結婚してるから」とニヤリ。続けて早乙女も、「すいません。僕も結婚してるんで」と返し、会場を沸かせていた。

 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、6月10日全国公開。

最終更新:5/17(水) 18:51

クランクイン!