ここから本文です

小学生が伝統野菜の松本一本ねぎの定植を体験

SBC信越放送 5/17(水) 11:56配信

江戸時代から栽培されている伝統野菜「松本一本ねぎ」の定植を小学生が体験しました。きょうは松本市の並柳小学校の4年生およそ60人が学校に近い畑に集まり、ねぎを等間隔に植えて土をかぶせました。松本一本ねぎは甘くて瑞々しいと最近人気が高まっていて、松本市などは子どもたちにも地元の野菜に親しんでもらおうとこうした栽培体験を毎年行っています。子どもたちは「大変に見えたけど簡単だった」「そうめんのおつゆに入れたい」などと話していました。この後、子どもたちは夏に植え替えを、秋には収穫作業を体験し、餃子の具にするなどして食べる予定だということです。

最終更新:5/17(水) 11:56

SBC信越放送