ここから本文です

リニア中央新幹線を活用し伊那谷の地域振興へ・阿部知事が地元の経済界と意見交換

SBC信越放送 5/17(水) 19:24配信

2027年に開業を予定するリニア中央新幹線について、伊那谷地域の観光や産業の振興につなげようと、阿部知事と地元の経済関係者が意見交換しました。飯田市で開かれた意見交換会には、阿部知事や飯田商工会議所の柴田忠昭会頭など15人が参加しました。参加者からは、「県外の観光客が伊那谷に何を求めているのかを調査してはどうか」「ヘリコプターを活用した観光案内を行ってはどうか」といった提案が出されました。これに対し、阿部知事は、「伊那谷の魅力を地元で共有してどう発信していくかが重要。信州は山岳県で、ヘリコプターの活用など新たな移動手段や観光手段を本気で考えていかなくてはならない」と応じました。県は、地元の市町村からの意見も参考にして、リニア開通を見据えた観光や産業振興について具体的な計画をまとめたいとしています。

最終更新:5/17(水) 19:24

SBC信越放送