ここから本文です

内灘の女性消防士が初出場 県救助技術訓練大会

5/17(水) 2:11配信

北國新聞社

 内灘町消防本部の藤田奈々さん(23)が6月1日、金沢市で行われる県消防救助技術訓練大会に、同町の女性消防士として初めての出場を果たす。

 藤田さんは昨年、子どもや女性の救助活動には女性消防士がいた方が安心できると考えて、消防士となった。大会では、命綱を装着して15メートルのはしごを一気に駆け登る「はしご登はん」に出場する。

 16日は、川口克則町長が町消防本部を訪れ、大会出場予定の9人を激励した。藤田さんは「消防士は男性のイメージが強いが、女性でもしっかりできると示したい」と意気込んだ。

 県大会には、能美市消防本部からも女性消防士2人が出場する。

北國新聞社

最終更新:5/17(水) 2:11
北國新聞社