ここから本文です

ファルカオとコエントランに脱税容疑…スペイン検察が提訴

5/17(水) 12:44配信

SOCCER KING

 スペイン検察は16日、モナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオとレアル・マドリードのポルトガル代表DFファビオ・コエントランを、脱税の疑いで提訴した。大手メディア『ESPN』が伝えている。

 ファルカオは2011年から2013年までアトレティコ・マドリードに在籍。その際に所得隠しを行っており、2012-13シーズンの脱税額は約610万ドル(約6億9000万円)に上ると、同検察は訴えている。また、コエントランも2011年に約140万ドル(約1億6000万円)の脱税を試みたとされている。

 昨年12月にはパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、上海上港のポルトガル代表DFリカルド・カルヴァーリョが、レアル・マドリードに在籍していた際の脱税容疑で提訴。さらにバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、代理人を務める父親には、脱税の罪で21カ月の禁錮判決が下されたが、スペインでは禁錮2年未満の初犯に執行猶予がつくため、収監されることはなかった。

SOCCER KING

最終更新:5/17(水) 12:45
SOCCER KING