ここから本文です

レアルの選手たち愛用の腕時計が判明…DFマルセロは日本のブランド

SOCCER KING 5/17(水) 13:09配信

 リーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグ(CL)の2冠達成を狙っているレアル・マドリードにおいて、左サイドバックの不動のレギュラーとして活躍するブラジル代表DFマルセロ。日常生活では、日本の腕時計ブランドを愛用しているようだ。16日付のスペイン紙『エクスパンシオン』が報じている。

 同紙は、レアル・マドリードに所属する選手たちのインスタグラムの投稿をもとに、各自が愛用する腕時計をまとめた特集記事を掲載。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが「タグ・ホイヤー」、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルが「ロレックス」、フランス代表FWカリム・ベンゼマが「パテック・フィリップ」、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが「オーデマ・ピゲ」と、スイスの高級時計ブランドを愛用する選手が多いなかで、“興味深いケース”として紹介されたのがマルセロだった。

 今シーズンここまで、チームで4番目に多い公式戦44試合に出場し、今年4月には同クラブでの公式戦通算400試合出場を達成したマルセロが愛用しているのは、日本の腕時計ブランドであるカシオ計算機の「G-SHOCK」だという。最近は代表モデルの1つである「DW‐6900」を着用しており、現地の販売価格は100ユーロ(約1万2000円)を超えないということも伝えられている。

 陽気なキャラクターとは対照的に、ピッチ上では高い安定感とハイレベルなプレーを披露するマルセロ。見た目とコストパフォーマンスの双方で優れる「G-SHOCK」を愛用しているというのは、いかにも同選手らしいと言えるかもしれない。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:5/17(水) 13:16

SOCCER KING