ここから本文です

サンチェスがチーム救う2発!リーグ終盤に強いアーセナルが4連勝で来季CLへ望みつなぐ

5/17(水) 7:22配信

ゲキサカ

[5.16 プレミアリーグ第34節延期分 アーセナル2-0サンダーランド]

 アーセナルが来季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権獲得に望みをつないだ。プレミアリーグは16日、第34節延期分を行い、アーセナルはホームでサンダーランドに2-0で勝利した。

 リーグ戦3連勝中のアーセナルは、16日に行われた第34節ストーク・シティ戦からメンバーを2人変更。DFローラン・コシールニーとMFフランシス・コクランに代えてDFキーラン・ギブスとMFアーロン・ラムジーが起用された。

 トップ4入りに向けて負けが許されないアーセナルは、すでに降格が決まっているサンダーランド相手に立ち上がりから攻め込むが、なかなかゴールネットを揺らすころができない。前半8分、FWアレクシス・サンチェスが放ったミドルシュートがゴールネットに突き刺さったが、ゴール前に走り込んだFWオリビエ・ジルの手に当たっており、ハンドでゴールは取り消される。10分には、ドリブルで持ち上がったラムジーのスルーパスにジルが反応し、左足シュートを放ったが、GKジョーダン・ピックフォードのセーブに阻まれた。

 アーセナルは、サンダーランドのカウンターを受ける場面もあったが、GKペトル・チェフの好セーブもあり、前半をスコアレスで折り返す。後半に入っても試合を優勢に進めるアーセナルは24分、右足を痛めたラムジーがピッチに座り込み、プレー続行不可能となり、FWアレックス・イウォビとの交代を余儀なくされた。

 嫌な流れが漂い始めたアーセナルだったが、エースがこの流れを断ち切った。後半27分、MFグラニト・ジャカの浮き球パスをMFメスト・エジルがPA左からダイレクトで中央に折り返し、サンチェスが右足で流し込み、アーセナルが先制。さらに36分、DFシュコドラン・ムスタフィの右クロスからジルが左足で合わせたシュートはGKピックフォードに止められたが、こぼれ球をサンチェスが頭で押し込み、2-0とリードを広げた。

 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。アーセナルがサンチェスの2ゴールで4連勝を飾り、5位で最終節を迎える。

最終更新:5/17(水) 7:22
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報