ここから本文です

河原2戦連発&有田復帰弾の愛媛が今季初の3連勝!岡山は今季3度目の2連敗

5/17(水) 21:11配信

ゲキサカ

[5.17 J2第14節 愛媛2-0岡山 ニンスタ]

 J2リーグは17日、第14節を行い、愛媛FCはホームでファジアーノ岡山と対戦し、2-0で勝利した。愛媛は今季初の3連勝を飾り、ホーム5連勝。岡山は今季3度目の2連敗となった。

 互いに固いディフェンスを敷き、慎重な入りとなった。前半7分、岡山はMF塚川孝輝がPA手前から強烈な右足ミドルも、GKパク・ソンスが落ち着いてセーブ。こぼれ球に詰めたFW豊川雄太が右足で狙ったが、パク・ソンスのファインセーブに阻まれた。

 愛媛は前半34分、右CKからDF林堂眞が強烈なヘディングシュートを叩きつけたが、GK一森純が好セーブ。対する岡山も37分、左後方のMFパク・ヒョンジンが浮き球のクロスを入れると、ファーサイドのFW大竹洋平がヘディングシュート。決定的な形だったが、パク・ソンスが至近距離でまたもファインセーブを見せた。

 スコアレスで前半を折り返すと、後半12分に愛媛ベンチが動き、MF近藤貴司をピッチに送り出す。その2分後の後半14分、センターライン付近で近藤が相手のパスミスを奪取し、そのままカウンターへ。MF藤田息吹とのパス交換から右サイドを駆け上がって中に折り返すと、FW河原和寿が右足ダイレクトでゴールネットを揺らした。

 河原の2試合連続ゴールで先制すると、岡山もボールポゼッションを高めて押し返すが、なかなか決定機がつくれない。すると、試合終了間際の後半44分、愛媛はDF玉林睦実の浮き球パスに抜け出したFW有田光希がトラップでDFをかわし、左足シュート。今季、5シーズンぶりに復帰した有田の初ゴールで突き放し、愛媛が2-0で完封勝利を飾った。

最終更新:5/18(木) 15:13
ゲキサカ