ここから本文です

平日の夜空を彩る佐藤謙介の決勝ループ!横浜FCが讃岐を下して首位奪回

ゲキサカ 5/17(水) 21:42配信

[5.17 J2第14節 横浜FC 2-1 讃岐 ニッパツ]

 J2リーグは17日、第14節を各地で行った。ニッパツ三ツ沢球技場では、横浜FCとカマタマーレ讃岐が対戦し、2-1で横浜FCが勝利。3試合ぶりの白星を飾り、6試合負けなし(4勝2分)とした。一方で讃岐は2試合ぶりの敗戦で、8試合白星なし(3分5敗)となった。

 試合は開始早々に動いた。横浜FCは前半4分、PA右でボールを受けたFWジョン・チュングンが反転から上げたクロスがDF李栄直の手に当たり、PKを獲得。キッカーのFWイバが左足で豪快にゴールネットに突き刺し、横浜FCが先制に成功する。19分には、相手のバックパスにジョン・チュングンがプレッシャーをかけ、飛び出したGK清水健太のミスを誘うも、最後はGK清水に処理されてしまった。
 
 1点を追う讃岐は後方からの正確なミドルパスでチャンスを作っていく。前半27分、DF高木和正のフィードをFW森川裕基が頭でフリックし、PA左からFW西弘則が左足シュートもうまくミートしない。さらにDF武田有祐のロングスローから李栄直が右足ボレーで狙うが、相手に寄せられて枠に飛ばすことができなかった。

 讃岐はハーフタイムでFW西弘則に代えてMF仲間隼斗を投入する。後半3分、左サイドから途中出場の仲間がゴールに向かう鋭いアーリークロスを上げ、FW森川裕基がゴールに背を向けたまま右足アウトサイドでコースを変えたが、GK高丘陽平に防がれる。9分にはFW木島徹也を入れ、その後も追いつけない状況が続くと、北野誠監督は26分に負傷明けのFW原一樹をピッチに送り出した。

 すると、指揮官の強気な采配が奏功する。讃岐は後半28分、右サイドから武田のロングスローを入れると、これがファーサイドまで流れ、MF馬場賢治が左足シュート。抑えの効いたシュートがゴールネットを揺らし、1-1と試合を振り出しに戻した。

 追いつかれてしまった横浜FCは後半29分にMF野崎陽介、36分にFW大久保哲哉を投入する。すると、42分に鮮やかなシュートが夜空を彩る。MF佐藤謙介がPA中央の大久保にボールを預け、大久保が相手を引き付けて左に落とす。これを佐藤が右足の柔らかいタッチでループシュートをゴール右隅に決め、2-1。横浜FCが接戦をモノにし、再び首位に浮上した。

最終更新:5/18(木) 14:47

ゲキサカ