ここから本文です

[関西]阪南大vsびわこ大の首位決戦はドロー、6発快勝の関大が3位浮上:第6節

5/17(水) 23:10配信

ゲキサカ

第95回関西学生サッカーリーグ1部

 第95回関西学生サッカーリーグ1部の前期第6節が13、14日に各地で行われた。開幕無敗同士の首位決戦となった阪南大とびわこ成蹊スポーツ大の一戦は1-1のドロー。勝ち点1を分け合った。阪南大は開幕連勝は5でストップしたものの、首位を維持。びわこ大は阪南大と勝ち点2差の2位と変わっていない。

 首位決戦は1-1のドローに終わった。開幕5連勝で波に乗る阪南大と、4連勝中のびわこ大が激突。後半2分にMF忽那喬司(2年=愛媛ユース)のパスからFW井上直輝(2年=立正大淞南高)のゴールでびわこ大が先制。しかし30分後の後半32分にDF長谷川隼(2年=川﨑F U-18)の浮き球からゴール前右のFW和田凌(4年=千葉U-18)がシュートを決めて追いついた。1-1で試合は終了。互いに無敗は守り、勝ち点1を分け合った。

 3位へ浮上してきたのが関西大。今節では姫路獨協大に6-0で圧勝した。シュート数でも18本と相手の4本を大きく上回り、3戦連続の完封勝利で4連勝。FW竹下玲王(4年=磐田U-18)が2得点、MF中井英人(3年=神戸U-18)が2得点1アシストと結果を残した。

 前半3分に竹下のゴールで先制。同33分にはMF塩谷仁(3年=磐田U-18)が追加点。同5分にはこぼれを拾った中井がネットを揺らし、同17分には中井の右CKからMF森主麗司(3年=清水ユース)がヘディングシュートを決めた。4-0とした後も攻撃の手は緩めず。同41分には中井が直接FKを沈め、同43分には竹下がこの日2点目。6発快勝を飾った。

 3位につける関西学院大は京都産業大に1-0で勝利し、2戦ぶりの勝利を手にした。前半38分にDF高尾瑠(3年=名古屋U18)のパスからMF中野克哉(3年=京都橘高)が決めたゴールが決勝点。勝ち点3を上乗せたものの、同勝ち点で並ぶ関大が今節の試合で6発勝利したために得失点差で入れ替えを許し、4位へ後退した。京産大は開幕2戦連続ドローからの4連敗で10位へ低迷している。

 大阪体育大は近畿大に1-0の完封勝利で2連勝。順位は5位と変わっていない。3戦連続ゴール中のMF浅野雄也(3年=四郷高)は不発に終わったものの、前半26分に浅野のアシストからFW林大地(2年=履正社高)が決めた右足シュートが決勝弾。シュート数21本と相手の3本を圧倒。2戦連続の完封勝利を飾った。近畿大は3連敗を喫している。

 大阪学院大は最下位・大阪経済大を2-0で下し、3戦ぶりの白星獲得。前半15分、同36分とMF和田幸之佑(2年=久御山高)がゴールネットを揺らした。後半40分にはMF三木水都(3年=大阪学院大高)がこの日二枚目の警告を受けて退場となったが、前半のリードを生かして逃げ切った。なお、開幕戦からの連敗で最下位に沈み続けてきた大阪経済大だったが、勝ち点で並ぶ姫路獨協大が6失点敗戦したため、得失点差で上回って最下位脱出。11位へひとつ上げた。

 開幕で出遅れたものの、ここへ来て3連勝を飾ったのは立命館大。桃山学院大を3-1で下した。前半6分にルーキーFW延祐太(1年=JFAアカデミー福島)の2戦連続弾で先制も、同36分には桃山大MF田中雅人(4年=ルーテル学院高)のこちらも2戦連続ゴールで振り出しに戻される。

 それでも後半にエースが仕事を果たした。後半28分、同45分にFW木藤舜介(3年=東福岡高)が連続ゴール。9番の活躍で二度目の勝ち越しに成功すると3-1で勝利した。一方、前節で連敗を2で止めた桃山大だったが、4戦勝ちなし(1分3敗)。8位に沈んでいる。

結果は以下のとおり

【前期第6節】(5月13日)
[J-GREEN堺・メインフィールド]
関西学院大 1-0 京都産業大
[関]中野克哉(38分=補・高尾瑠)

阪南大 1-1 びわこ成蹊スポーツ大
[阪]和田凌(77分=補・長谷川隼)
[び]井上直輝(47分=補・忽那喬司)

(5月14日)
[ヤンマースタジアム長居]
大阪学院大 2-0 大阪経済大
[学]和田幸之佑2(15分、36分)

関西大 6-0 姫路獨協大
[関]竹下玲王2(3分、88分)、塩谷仁(33分=補・羽田健人)、中井英人2(50分、86分)、森主麗司(62分=補・中井英人)

[J-GREEN堺・メインフィールド]
立命館大 3-1 桃山学院大
[立]延祐太(6分=補・竹本雄飛)、木藤舜介2(73分=補・清水航輔、90分=補・藤井智也)
[桃]田中雅人(36分=補・小松光樹)

大阪体育大 1-0 近畿大
[大]林大地(26分=補・浅野雄也)

最終更新:5/17(水) 23:14
ゲキサカ