ここから本文です

長崎たかた社長J2実行委に初参加、トーンは控えめ

日刊スポーツ 5/17(水) 7:55配信

 ジャパネットたかたの創業者でお茶の間でもおなじみのJ2V・ファーレン長崎の高田明社長(68)が16日、東京・JFAハウスで各クラブの社長らが集まるJ2実行委員会に初参加した。

【写真】 長崎のフロント2人が退任、昨年から匿名の投書が…

 あの語り口でライバルクラブのトップへあいさつしたが、トーンは控えめ。ただ、巧みな話術はさすがで、会議後に「どんな業態も理念は同じ。ビジネスも人を幸せにする、サッカー、すべてのスポーツは少年少女に夢を与える。そこを大事にしていければ」と意気込みを語った。高田社長は4月に就任し、すでにホームゲームではマイクを握ってグッズを売っている。

最終更新:5/17(水) 8:21

日刊スポーツ