ここから本文です

リスグラシュー体を維持メリハリ調整効果/オークス

日刊スポーツ 5/17(水) 9:12配信

 今週は牝馬3冠第2戦のオークス(G1、芝2400メートル、21日)が東京競馬場で行われる。

 桜花賞2着のリスグラシュー(矢作)は角馬場で調整された。「追い切る日とそうではない日を、めりはりをつけて調整している」と矢作師。強弱をつけた調教は体を維持するための工夫だ。そのかいもあり今回も体はふっくらとしており活気もある。「桜花賞よりさらに、というわけにはいかないけど今回も状態を維持している」。もともとオークス向きとみられていた馬。2400メートルならばチャンスは大きい。

最終更新:5/17(水) 9:15

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ