ここから本文です

G1・3勝ヤマニンゼファー死す 老衰29歳大往生

日刊スポーツ 5/17(水) 9:12配信

 92、93年の安田記念を連覇し、93年天皇賞・秋を制したG1・3勝馬ヤマニンゼファー(牡)が16日早朝、生まれ故郷でもある錦岡牧場(北海道新冠町)で老衰のため死んだ。29歳での大往生だった。石井秀厚場長(48)は「冬場に調子の悪い時はありましたが、暖かくなってこの春から牧場見学も再開していました。昨日もちょうど見学に来られたファンに元気な姿を見せていたのですが…。私たちにとっては忘れられない馬。栗田(博)先生にも連絡しましたが、びっくりされていましたね」と話した。

 通算20戦8勝(重賞4勝)の成績で、93年に引退。92、93年のスプリンターズSでも2着に入るなど1200メートルから2000メートルまで幅広い距離で活躍した。種牡馬としては00年JCダート2着のサンフォードシチーなど輩出。09年の種付けを最後に引退し、錦岡牧場で余生を過ごしていた。

最終更新:5/17(水) 9:12

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ