ここから本文です

男子テニスのツアー下部大会/メモ&イラスト

日刊スポーツ 5/17(水) 10:04配信

 錦織の活躍で活況だった日本男子テニスに、とんでもない不祥事が勃発した。09年全日本選手権ベスト4で、16歳以下の国別対抗戦ジュニア・デ杯で錦織圭とダブルスを組んだこともある三橋淳(27)が八百長などを持ち掛けた不正で、テニス界から永久追放された。

【写真】錦織は第7シード イタリア国際組み合わせ

 男子テニスの世界ツアーは弱肉強食がはっきりしており、リーグ戦も敗者復活もない。負ければ終わり。最も下位のツアー下部大会では、初戦で敗れると約100ドル(約1万1000円)の賞金にしかならない。稼ぎが少ないと、移動や宿泊といった遠征費用のやりくりは苦しくなる。そこに2000ドル(約22万円)で敗退行為をするよう持ち掛けられれば…。

 ◆男子テニスのツアー下部大会 ATPチャレンジ・ツアー(<1>)とITF男子サーキット・フューチャーズ(<2>)がある。<1>昨年は世界で約165大会。各大会の賞金総額は5万ドル(約550万円)~15万ドル(約1650万円)。<2>昨年は世界で約670大会。各大会の賞金総額は1万5000ドル(約165万円)または2万5000ドル(約275万円)。

最終更新:5/17(水) 10:13

日刊スポーツ