ここから本文です

ヤクルト由規1勝、楽天大勝/17日プロ野球まとめ

日刊スポーツ 5/17(水) 22:20配信

<プロ野球>◇17日◇甲子園ほか

【セ・リーグ】

◆阪神高山V打で4連勝、中日バルデス好投も2敗目

【写真】レアードを空振り三振に仕留めガッツポーズでほえる楽天則本

<阪神2-1中日>◇17日◇甲子園

 阪神先発能見は3回まで中日打線を25球で無失点。中日先発のバルデスも2回に福留、中谷を三振にするなど3回無安打無失点。

 阪神は5回2死から原口の3号ソロで先制。一方で中日打線は能見の前に2安打に抑えられるなど二塁を踏めず。

 阪神は同点の8回に高山の適時二塁打で勝ち越し。そのまま逃げ切り、4連勝。中日バルデスは8回2失点も2敗目。

 阪神マテオが4勝目、ドリスは16セーブ目。

◆ヤクルト由規が今季初勝利、巨人2度目0封負け

<巨人0-7ヤクルト>◇17日◇東京ドーム

 ヤクルトは1回1死二塁から山田の中前打で先制し、雄平の適時二塁打で追加点。6季ぶり巨人戦先発の由規は3回まで完全投球。

 ヤクルトは5回に大松の2点適時二塁打、6回に山田、雄平の適時打などで3点を挙げ突き放した。由規は6回まで無失点の好投。

 ヤクルト由規は7回無失点の好投で今季初勝利を挙げた。巨人は投打に見せ場なく、今季2度目の0封負けを喫した。巨人大竹寛が2敗目。

◆DeNAロペスがV犠飛 広島は連勝ストップ

<広島4-5DeNA>◇17日◇マツダスタジアム

 広島は2回2死満塁、3回無死一、二塁を生かせず、3回まで無得点。DeNAは広島先発大瀬良の前に3回まで1安打無得点。

 DeNAは6回、投手ウィーランドの来日初本塁打となるソロで先制。投げても、6回まで5安打を浴びながら無失点に抑える。

 広島が7回に田中の1号2ランなどで4得点で逆転するも9回に追いつかれ延長戦に突入。

 DeNAは10回、ロペスの犠飛で勝ち越し、連敗が3で止まった。山崎康が初勝利。広島は一岡が2敗目で、連勝が3で止まった。

【パ・リーグ】

◆楽天が逆転大勝、先発則本4連勝でトップタイ5勝目

<楽天15-6日本ハム>◇17日◇盛岡

 日本ハムは1回に中田の4号3ラン、大田の4号2ランで5点を先制。楽天は2回に7安打6得点と打者一巡の猛攻で逆転した。

 楽天先発則本が6回に10個目の三振を奪い、パ・リーグでは史上4人目となる5戦連続で2桁奪三振を記録した。

 楽天が盛岡で13年以来、4年ぶりの勝利。先発則本が、4連勝でリーグトップに並ぶ5勝目。日本ハムは先発加藤が2敗目。

◆ソフトバンク東浜4勝目、オリックス反撃及ばず

<オリックス3-6ソフトバンク>◇17日◇京セラドーム大阪

 ソフトバンクは1回に柳田の5号ソロで先制。3回は明石の犠飛で2点目を追加した。オリックスは3回2死一、三塁も無得点。

 オリックスは4回も無死一、三塁としながら得点ならず。ソフトバンクは6回に柳田、内川の適時打で3点を追加し5-0とした。

 ソフトバンクは7回に6点目。オリックスは8回に2点を返すも及ばず。再び借金1となった。東浜が4勝目。松葉は3敗目。

◆西武5連勝&高橋光2勝目、ロッテ泥沼7連敗

<ロッテ4-8西武>◇17日◇ZOZOマリン

 ロッテは1回、井口が先制打。パラデス、清田も適時打で続き3点。西武は3回、秋山の二塁ゴロと栗山の2点打で追いついた。

 西武は4回、1死満塁から浅村の遊ゴロが併殺崩れとなって勝ち越した。6回は無死三塁から秋山の中前適時打で追加点を挙げた。

 西武は7回に秋山の6号2ラン、8回に栗山の適時打で加点した。西武は今季初の5連勝。高橋光は2勝目。ロッテは7連敗、大嶺祐が初黒星。

最終更新:5/17(水) 22:32

日刊スポーツ