ここから本文です

ソフトバンク東浜4勝!千賀負傷で先発ローテの意地

日刊スポーツ 5/17(水) 22:20配信

<オリックス3-6ソフトバンク>◇17日◇京セラドーム大阪

 ソフトバンク東浜巨投手(26)が8回途中6安打2失点の好投で今季4勝目を挙げた。

【写真】背中の違和感を訴えて途中降板した千賀

 前夜、先発の千賀が背筋に違和感を訴え初回にわずか9球で緊急降板。先発ローテの一角を担う右腕としても胸に期するものがあった。

 「昨日、千賀がああいう形になっていたので中継ぎ陣に迷惑が掛けないように、自分が長いイニングを投げようと思って投げた」。

 2点リードで迎えた3回には2死一、三塁から中島を空振り三振。4回無死一、三塁のピンチではモレル、伊藤を連続三振。最後は大城を右飛に仕留め窮地を脱し8回途中までマウンドに上がった。

 「あそこがヤマ場だったので、しっかり抑えられたのが良かった。調子自体は良かった。打者のスイングを見て投げられた。(捕手の)拓也と話し合いながらやっているのでその成果」と日ごろの打者研究の成果を勝負どころで発揮した。

 この日、京セラドーム大阪での白星はプロ入り後初だった。「(プロ)5年目にしてやっと勝つことができて、ホッとしている。去年までふがいないピッチングをしていた。今日こそはとマウンドに上がった」と笑顔をみせた。

最終更新:5/17(水) 22:30

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 17:45