ここから本文です

中日7回好機に平田同点打どまり…堂上、藤井が凡退

日刊スポーツ 5/17(水) 22:29配信

<阪神2-1中日>◇17日◇甲子園

 中日は“痛い”1得点だった。0-1の7回。京田と大島の連打に能見の暴投で無死二、三塁。一気に逆転するチャンスを作った。

【写真】中日先発のバルデス好投実らず…

 ビシエドが見逃し三振したが、平田が中前に運んで1-1。「追い込まれていたので食らいついていきました」と平田。ここで阪神は桑原にスイッチ。ゲレーロが死球で1死満塁としたが、そのあとの堂上と代打藤井が倒れた。

 バルデスが好投していたが同点どまりで逆転にはいたらず。その裏に勝ち越し点を許した。

最終更新:5/17(水) 22:41

日刊スポーツ