ここから本文です

栗山監督、初回5点も大敗15失点「ご覧の通り」

日刊スポーツ 5/17(水) 22:29配信

<楽天15-6日本ハム>◇17日◇盛岡

 日本ハムが今季最多15失点を喫し、逆転負けした。初回に中田翔内野手(28)の先制4号3ランと大田泰示外野手(26)の4号2ランで5点を先行。

【写真】交代を告げられ暗い表情でベンチに引き揚げる加藤

 だが、2回に先発加藤貴之投手(24)が7安打で一挙6点を失い逆転を許すと、救援陣も終盤に集中攻撃を浴びて追加点を献上。打線は2回以降は8回にブランドン・レアード内野手(29)の左犠飛による1点をもぎ取るのがやっとだった。

 20被安打、15失点で9点差をつけられて2連敗。栗山英樹監督(56)は2回途中で降板した加藤の投球について「ご覧の通り。見ての通り」。首位楽天には1勝6敗で、借金は8となった。

最終更新:5/17(水) 22:39

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 6:20