ここから本文です

耕作放棄地を使って作製 鬼北産エゴマ油

5/17(水) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県鬼北地域の耕作放棄地を生かそうと、健康食品として注目されるエゴマを栽培し、種から搾った油を販売する取り組みが始まっている。推進する企業組合「森の風」(鬼北町小松)は高齢者でも収入を得られる環境を構築したい考えだ。

愛媛新聞社

最終更新:5/17(水) 9:50
愛媛新聞ONLINE

Yahoo!ニュースからのお知らせ