ここから本文です

デノン、エントリー機でも全部入り--AVレシーバ2機種を発表

CNET Japan 5/17(水) 16:08配信

 ディーアンドエムホールディングスは5月17日、デノンブランドからAVレシーバー2機種「AVR-X1400H/X2400H」(税別価格:5万9500円/9万円)を発表した。Dolby Atmos、DTS:Xなどの最新オブジェクトオーディオに加え、HDR、独自の「HEOS」にも対応した最新モデルになる。発売は6月中旬。

 X1400Hには6入力、1出力、X2400Hは8入力、2出力のHDMI端子を備え、すべてがHDCP 2.2に対応。最大毎秒60フレームの4K映像信号のほか、HDR10、ドルビービジョン、HLG(アップデートで対応予定)とHDR映像信号のパススルー出力ができる。

 HEOSは、デノンが提案するWi-Fiによるワイヤレスミュージックシステム。3月には無線、有線LANに対応したスピーカ「HEOS 3/1」などを発表している。ストリーミングサービスやミュージックサーバと直接通信できることが特徴で、日本に先駆け欧州、北米、アジア、オセアニア地域で発売済みだ。

 X1400H/X2400Hには、HEOSテクノロジを搭載することで、ストリーミングサービスやインターネットラジオをはじめ、NAS、PC、Macなどホームネットワーク上にある音楽ファイルやスマートフォン、タブレット、Bluetooth機器など、多彩な音源の再生が可能。同一ネットワークに接続したほかのHEOSデバイスにX1400H/X2400Hで再生中の音楽を配信することもできる。

 両機種ともに5.1.2chのスピーカ配置に対応し、2つのハイトチャンネルスピーカの接続が可能。ハイトチャンネルスピーカには、フロントハイト、トップフロント、トップミドル、フロントドルビーイネーブルド、サラウンドドルビーイネーブルドのいずれかを選択可能だ。

 X1400Hは175W、X2400Hは185Wの7chディスクリート・パワーアンプを搭載し、力強いサウンド再生を実現。DACには、32bit対応のプレミアムDACを新採用することで、解像感と空間表現力を向上。従来モデルに比べ、DSPの約4倍の処理能力を持つ32bitクアッドコアDSPを搭載することで、音場補正とサラウンドサウンドの処理も余裕を持ってできるとしている。

 独自の音場補正技術「Audyssey MultEQ XT」も備え、スピーカの有無やサイズ、リスニングポイントまでの距離、音量を測定することで、基本的な調整値を自動で設定。専用アプリ「Audyssey MultEQ Editor」を使用すれば、詳細な調整項目まで設定が可能だ。

最終更新:5/17(水) 16:08

CNET Japan