ここから本文です

ステ・マニアの独断推薦“ヒロイン候補”~山内日菜子

5/18(木) 8:27配信

ゴルフ情報ALBA.Net

 5月18日(木)から3日間の日程でステップ・アップ・ツアー第6戦『ツインフィールズレディース』が開催されるが、注目選手として期待するのは、山内日菜子。ステップ・アップ・ツアー第2戦『Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament』でプロ初優勝。第4戦『九州みらい建設グループレディース』でも優勝争いの末に10位フィニッシュと好調をキープしている。賞金ランキングは現在3位で、昨年プロテストを合格したばかりのルーキーながら、これからステップ・アップ・ツアーの賞金女王レースをリードしそうな存在だ。

山内日菜子 フォトギャラリー

 21歳になったばかりの若手だが、実際に取材をしてみると、しっかりした受け答えが印象的だ。明るく素朴な口調で、少し真面目そうにも見える。若い選手中心で、まだコメント慣れしていない選手も少なくないステップ・アップ・ツアーの中で、山内は人当たりが良さそうな外見のなかに、プロらしい利発さと芯の強さを感じる選手だ。

 得意なのはアプローチで、複数の番手を使い分けながら、コロがしをベースに寄せを考えるという。このあたりもなんとなく真面目な印象を受ける。コロがしだと、確率が高く、大きなミスになりにくい。難しいリスクのあるプレーを選択して、パーもあれば、失敗してダブルボギーもあるというギャンブル的な要素が入るのを山内は好まないのではないだろうか。理想の選手はイ・ボミで、正確で堅実なプレーがいつか出来ればと山内は言う。コースマネージメントに長けた最強女王のプレーは学ぶことが多いだろう。

 ドライバーの飛距離は平均230ヤードと、飛距離を売りにするタイプではない。現在の女子ツアーは飛ばし屋が数多く表れ、ステップ・アップ・ツアーであっても250ヤード以上飛ばす選手が何人も存在する。そんな中、飛距離がそれほど出ない選手は、必然的にセカンドショットでユーティリティなどの長い番手を持つことが増え、ショートアイアンで狙える選手と比較して、パーオン率も悪くなる。

 しかし、山内の持ち味はそこからの頑張り。

 優勝した『Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament』では、最終日の最終ホール、パーなら優勝の場面でセカンドショットをバンカーに入れるミス。そのバンカーショットも失敗し、グリーンサイドのカラーに残った6mのアプローチをパターでねじ込んで勝利した。

 この優勝シーンに象徴される様に、山内のプレースタイルは、難しいライからアプローチを寄せる、寄らなくても長いパットを沈める、といった具合に粘りのショートゲームが持ち味だ。ピンチになっても我慢強くパーを拾ってリズムを作る、最後まで諦めないのが彼女の真骨頂だ。

 時には粘りきれず、スコアを崩すこともあるが、ムラっ気のないひたむきなプレースタイルは、飛ばし屋とはまた違ったプロゴルファーとしての魅力がある。これからの活躍で、一気にファンが増えそうな選手だ。

文・コヤマカズヒロ/雑誌・WEB媒体にゴルフ記事を執筆。大手ゴルフショップチェーンの立ち上げに参画した経験を持ち、ゴルフギアに関しては性能面はもちろん製造・流通まで幅広い知識がある異色のライター。国内外のツアー情報にも精通するが、現在はステップ・アップ・ツアーに要注目。ネクストヒロイン候補をプレースタイルやギア面から発掘することをライフワークとする"ステマニア"。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>