ここから本文です

アオリを捜すホタルの決意は『スプラトゥーン2』ヒーローモードへと繋がる─公式Twitterにて最終話が公開

インサイド 5/18(木) 9:15配信

『スプラトゥーン』公式Twitterアカウントにて、アオリとホタルに迫る物語の最終話が公開されました。

イカとヒトの姿を使い分け、インクで陣地を染め合う「ナワバリバトル」などのユニークなルールで競い合う『スプラトゥーン』は、多くのユーザーから熱烈な支持を集め、一大ヒット作に成長。2017年7月21日に発売される続編『スプラトゥーン2』にも、高い関心が寄せられています。

そんな『スプラトゥーン』関連の情報を“イカ研究所の調査報告”という形でお披露目する公式Twitterアカウントにて、アイドルユニット「シオカラーズ」のふたり、アオリとホタルに迫る新たな物語が公開されました。

アオリの行方を求めるホタルは、ざわつくハイカラシティの現状を知り、ある予感を覚えます。そこでホタルは、腕の立つ若者の協力者を捜そうと決意。そして、ホタルのこの行動が、『スプラトゥーン2』で待ち受けるヒーローモードに続く展開となります。発売日に備え、しっかりとチェックしておきましょう。

【最終話】ホタルはタコツボバレーにいた。アタリメ司令の小屋は、もぬけの殻だった。室内は荒らされた様子はなかったが、隣にあったウォータードームは砕け散っている。アオリの姿はなく、手がかりになるものも見つからなかった。ホタルはもう一度、ハイカラシティに戻ることにした。?— Splatoon(スプラトゥーン) (@SplatoonJP) 2017年5月17日

ハイカラシティは、ざわついていた。オオデンチナマズが姿を消したらしい。前にいなくなった時も、いつの間にか戻ってきた。今度もまたすぐに戻ってくるだろう。皆はそうタカをくくっているようだった。ホタルは、ひとり戦慄した。これは……もしかして、またヤツの仕業??— Splatoon(スプラトゥーン) (@SplatoonJP) 2017年5月17日

ホタルの目は、戦いを決意していた。だが、ヤツが相手となると一筋縄ではいかない。今はアタリメ司令もいない。それに何より、アオリのことが心配だ。じきに、アオリがいなくなったことに皆が気づき始めるはず。自分までいなくなっては、騒ぎが大きくなる。いったい、どうすれば……。 pic.twitter.com/h0P2W4gv5T— Splatoon(スプラトゥーン) (@SplatoonJP) 2017年5月17日

そうだ、協力者を探そう。かつてアタリメ司令がそうしたように、腕の立つ若者を見つけて、地下基地の探索を手伝ってもらおう。しかし、このハイカラシティでは、ホタルの姿は目立ちすぎる。オクタリアンの存在を知る者は、最小限に留めなくてはならない。New!カラストンビ部隊の鉄則だ。?— Splatoon(スプラトゥーン) (@SplatoonJP) 2017年5月17日

その時、ふと、アロワナモールでのアオリとの会話を思い出した。最近、新たなナワバリバトルの中心地として、若者が集まる街が生まれているらしい。そこなら、きっと腕の立つ若者も見つかるだろう。行こう、新たな街、ハイカラスクエアへ……!(スプラトゥーン2 ヒーローモードへつづく) pic.twitter.com/y91jBgU06N— Splatoon(スプラトゥーン) (@SplatoonJP) 2017年5月17日

最終更新:5/18(木) 9:15

インサイド