ここから本文です

阿蘇市の保護者ら 代替通学バスについて意見交換

RKK熊本放送 5/18(木) 14:03配信

RKK熊本放送

熊本地震で鉄道が寸断され通学に大きな負担が出ている阿蘇市の高校生の保護者たちが、今後について意見を交わしました。

「なんとか阿蘇にいる子ども達が学校に通えるようにしていきたいと思いますので」(保護者代表)
この会には阿蘇市から熊本市内の高校などに通う生徒の保護者などおよそ30人が集まりました。
熊本地震でJR豊肥線の一部が不通となったため、阿蘇市に住む200人以上の高校生が、JRの代替バスなどでの通学を余儀なくされています。
しかも代替バスは運行する時間や曜日が限られることから、生徒が部活動をあきらめたり、部活動をする場合は保護者が送り迎えをしたりするなどの現状が報告されました。
会ではバスの増便や日曜運休の見直しなどを県やJRなどに求めていくということです。

RKK熊本放送

最終更新:5/18(木) 14:03

RKK熊本放送