ここから本文です

日本舞踊をもっと身近に。市川染五郎ら各流派の舞踊家がイベントを開催

5/18(木) 12:44配信

チケットぴあ

6月に行なわれる日本舞踊協会の3年ぶりの新作、日本舞踊未来座『賽 SAI』(東京・国立劇場小劇場)に先がけ、5月27日(土)に『未来座SAI 大人のたしなみ講座~日本舞踊~』と題したイベントの開催が決定した。講師は第一線で活躍する各流派の日本舞踊家らが勤め、講座内では歌舞伎俳優で松本流家元の市川染五郎(松本錦升)の舞踊も披露される。

未来座『賽 SAI』は日本舞踊協会が新たなシリーズとして立ち上げる舞踊公演の第一弾。“SAI”とは「Succession And Innovation」(継承と革新)の頭文字と、賽子の賽の字を重ね合わせ、振られた賽子のように姿を変える日本舞踊の多彩さや進化への決意を表している。第一弾公演は水をテーマに4つの作品を上演。絶え間ない水の流れと過去、現在、未来へと移ろう時の流れが重なり合っていく様を、日本舞踊で表現する。

今回のイベントは6月「未来座」上演の前に、日本舞踊をもっと身近に感じて欲しいと企画されたもの。初心者でも楽しめる内容で3講座を開催。講師は、大河ドラマ「おんな城主 直虎」で所作指導を務める橘芳慧、人間国宝・七世中村芝翫より中村流家元を継承した中村梅彌、『NINAGAWAマクベス』への出演経験を持つ花柳輔太朗が担当。いずれの講座も定員30名までという少人数の濃密な空間で日本舞踊の楽しさを教わることができる。

会場は、親子丼発祥の鶏料理の老舗「玉ひで」。当日は浴衣の無料貸出しもある(事前チケット購入必要)。

<イベント概要>
◆日時:2017年5月27日(土)
【第一限講座】
“美しい所作を!” 講師:橘 芳慧 13:30~15:00(12:45~受付)
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で所作指導を務める橘流家元・橘芳慧による日本舞踊の基本的な所作を学ぶ。

【第二限講座】
“日本舞踊を知ろう!” 講師:中村梅彌 16:00~17:30(15:15~受付)
中村流家元・中村梅彌による日本舞踊の振りや動きの意味を学ぶ。

【第三限講座】
“実践!踊ってみる!” 講師:花柳輔太朗 18:30~20:00(17:45~受付)
花柳流花柳会理事・花柳輔太朗による6月に開催される第一回日本舞踊 未来座『賽=SAI=』公演の演目のひとつ『当世うき夜猫』の振付を学ぶ。

イベント詳細は日本舞踊協会公式サイトに掲載。
イベントは有料で、参加には「未来座」と講座のセット券が必要。チケットはチケットぴあにて発売中。

最終更新:5/24(水) 13:50
チケットぴあ