ここから本文です

『帝一の國』ヒットの理由は“二次創作”にあり?

5/18(木) 7:15配信

cinemacafe.net

コミックの実写映画化が相次ぐ一方で、期待通りのヒットに至らないケースが増えている邦画界。そんな状況にあって、古屋兎丸氏の異色作を原作にした『帝一の國』が絶好調だ。配給の東宝によると、5月17日(水)時点で動員100万人を突破している。

【画像】『帝一の國』菅田将暉の“切腹”シーン

エリート学生800人が通う全国屈指の超名門にして、政財界に強力なコネを持つ海帝高校を舞台に、「総理大臣になって、自分の国を作る」ことを夢見て、 その絶対条件である生徒会長を目指す主人公・赤場帝一の奮闘を描く本作。原作の知名度では、同時期に公開された漫画原作映画に比べて、一歩譲るが「1本の映画として楽しむ」という点では、シンプルなあらすじで、「原作は知らないけど、面白そうだな」と興味をそそられた人も多いはず。

そして、実際に映画を観てみると、これが純粋に面白い! 主人公の帝一をはじめ、クセがすごい高校生たちがそれぞれの思惑を胸に、策略を練り上げ、裏切りと陰謀うずまく選挙戦で火花を散らす姿は、スリリングかつ胸アツ。もちろん、腹を抱えて笑えるコメディ映画としての魅力も存分にあった(この点は永井聡監督の功績が大きい)。

主演の菅田将暉を筆頭に、野村周平、竹内涼真、志尊淳、千葉雄大、間宮祥太朗という旬のイケメンが勢ぞろいしたキャスティングが、観客のターゲットを格段に広げたのは言うまでもない。また、彼ら自身が俳優として“若手枠”から飛躍しようと、しのぎを削っている現実が、映画の内容と見事にリンクしているからこそ、一見シュールな選挙戦に、リアルな命が吹き込まれた。これも作品のクオリティを押し上げ、予想以上のヒットを記録した一因だ。

現在では、自作のイラストなどをアップロードするウェブサービス上で、『帝一の國』の“二次創作”も大盛り上がりだ。注目したいのは、その多くが実写版のキャストを題材にしているという点。同様の現象は舞台版の「おそ松さん」でも見られただけに、いかに菅田さんらが演じたキャラクターが、ユーザーの想像力をかきたてているかがわかる。

公開を前にしたプロモーションの場で、菅田さんは繰り返し「この作品は、僕らからの果たし状」と強い自信を示していた。その言葉通り『帝一の國』は、ハリウッドの話題作や長編アニメが強さを見せた今年のゴールデンウィークに風穴を開けるスマッシュヒットを飛ばし、コミックの実写映画化のあり方にも一石を投じる結果となった。

最終更新:5/18(木) 7:15
cinemacafe.net