ここから本文です

伊藤淳史、電車男から電話男に!新ドラマで“脳内スマホ人間”

5/18(木) 6:00配信

シネマトゥデイ

 俳優の伊藤淳史が7月から日本テレビ系で放送されるドラマ「脳にスマホが埋められた!」で、脳がスマートフォンのようになってしまう“脳内スマホ人間”を演じることが明らかになった。企画を担当した放送作家の鈴木おさむは伊藤のブレイクのきっかけとなった2005年放送のドラマ「電車男」(フジテレビ系)を引き合いに出し、「スタッフも言っていました、『電車男が電話男になる』と。2017年夏『電話男』に熱くしてもらいましょう」とコメントしている。ヒロインはモデル・女優として活躍する新川優愛が務める。

 本ドラマの主人公は、アパレル会社に勤務するバツイチ子持ちでリストラ候補の34歳、折茂圭太(伊藤)。生真面目で気が弱く周囲から雑用を振られる毎日を過ごし、養育費の支払いに追われシェアハウスで生活中。アナログ人間でガラケーを使っており、スマホの知識はほぼないという。

 今作は、そんな彼の脳が突然スマホのようになるという奇想天外な展開から始まる。視界にメッセージの吹き出しが飛び交い、「他人のメッセージ(=秘密)を見ることができる」という能力を備えた圭太は、社内外のトラブルに次々と巻き込まれていきながら「人助け的なこと」を繰り返して成長していく。

 「ぶっ飛んだ設定の中でヒューマンな部分も大切に描いていきたい」という伊藤は、「自分らしいスマホ人間像を作っていければと思います」と意気込みを述べている。また、圭太が“脳内スマホ人間”になったことに気づき、脳内スマホの使い方を教える石野柳子役に挑んでいる新川は、「ありえない。けど、ありそう。そんな非日常の世界で繰り広げられる複雑な人間関係の中、社会で生きることの面白さも出していけたらと思っています」と語っている。(編集部・海江田宗)

テレビドラマ「脳にスマホが埋められた!」は7月6日よる11時59分より放送開始

最終更新:5/18(木) 6:00
シネマトゥデイ