ここから本文です

船橋アンデルセン公園で「モンゴル×日本」展 両国の作家がコラボ /千葉

みんなの経済新聞ネットワーク 5/18(木) 8:01配信

 ふなばしアンデルセン公園子ども美術館(船橋市金堀町、TEL 047-457-6661)の展示室で5月13日、モンゴル出身の絵本作家と日本人の人形作家の作品がコラボレーションした企画展「モンゴル×日本 3,017km 風がつたえるものがたり」が始まった。(船橋経済新聞)

ボロルマーさん(左)とガンバートルさん(右)(関連画像)

 同館の主幹・柴田孝利さんは「今年はモンゴル外交45周年。モンゴルと日本の交流ができないか考えた」と話す。

 展示室は「モンゴルの草原からの贈り物」というテーマで展示。モンゴル出身の絵本作家イチンノロブ・ガンバートル&バーサンスレン・ボロルマーさんの4冊の絵本の原画22点を展示。2人は2008年に留学生として来日後、結婚。以後、日本を拠点にして、ガンバートルさんが話の内容を考え、ボロルマーさんが絵を手掛け、日本では14冊、モンゴルで2冊の絵本を出版、受賞歴も多数ある。

「モンゴルには絵本という文化がなく、日本に来て初めて知った。子どものころウランバートルに住んでいたが、祖父母に昔話をしてもらった。遊牧民は現在人口の15%。豊かな自然と失われつつあるモンゴルの昔話を絵本にして語り継いでいきたい」とガンバートルさん。

 ボロルマーさんは「一番のお気に入りの原画は絵本『トヤのひっこし』の一場面」と話す。緻密な絵の中にたくさんの野生動物の親子を描いている作品で、「どの動物もモンゴルでは親しみのある生き物」とも。

 一方、「ふわふわ むくむく もこもこ」と題された展示室2では、福島県いわき市出身の人形作家・土屋さやかさんの雲をテーマにした作品45点を展示。シーツ用のシーチング地に綿を詰めた、独特の大小の人形の世界が広がる。「出会った子どもたちがモデル。子どものころ自然に恵まれた環境に育ち、特に雲や風にインスピレーションを受けている」と土屋さん。

 最も大きな作品は「アウラー」。ラテン語で「そよ風」という意味を持つ。同作品は雲の形をし、縦約2メートル、横3.5メートルというサイズ。構想1年、製作に2カ月以上かかったという。「中に詰める綿はいろいろ試して、弾力や形の作りやすさからポリエステルを使っている」と土屋さん。

 「モンゴルの絵本作家と日本の立体の形がおもしろい人形作家の作品を融合し、両方の作風である豊かで優しいフォルムや内容を感じてほしい」と柴田さん。

6月18日まで。5月21日は「土屋さやかと雲の人形をつくろう!」(要予約)、6月4日は「体験!まるごとモンゴル」。そのほか「モンゴルおはなし会」や「ホーミーと馬頭琴のコンサート」などを予定している。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/18(木) 8:01

みんなの経済新聞ネットワーク