ここから本文です

土砂災害発生個所 一斉点検

RKK熊本放送 5/18(木) 21:56配信

RKK熊本放送

平年であればあと半月ほどで梅雨入りを迎えます。熊本地震で土砂や斜面が崩れた現場の点検が専門家を交えて初めて行われました。
県内では地震とその後の大雨の影響で各地で土砂崩れなどが発生し、阿蘇地域を中心とした県内12の市町村の60か所では、緊急対策が必要と判断されています。
そのうちの13か所で今の状態を点検し土砂災害の専門家に加え地元の住民も参加して意見が交わされました。
「今年どのくらい雨が降ったら崩落するかがわからん」(住民)
「対策するまで時間がかかるので、それまでは早めに避難してください。万が一があるかもしれないので」(土砂災害の専門家)
県は、土砂災害があった箇所で砂防ダムや斜面の補強など総額およそ200億円の対策工事を進めますが今年の梅雨には間に合わず、来年の梅雨時までに本体部分については完了させたい考えです。

RKK熊本放送

最終更新:5/18(木) 22:18

RKK熊本放送