ここから本文です

【NEW環境展2017】新明和、塵芥車用臭気対策剤を展示予定…生ゴミ臭がフルーティーな香りに

レスポンス 5/18(木) 9:00配信

新明和工業は、生ゴミ収集作業者の労働環境改善を目的に、生ゴミの臭いを一瞬でフルーティーな香りに変える塵芥車用臭気対策材「デオマジック 香り de まじっく」と噴霧装置を6月より発売する。

[関連写真]

デオマジック 香り de まじっくは、消臭技術「デオマジック」を開発したシキボウと山本香料、同技術の用途開発に取り組む凸版印刷、そして新明和工業の4社が共同開発。不快な臭い成分と香料を合わせることで「良い香り」を創出する臭気対策剤だ。収集した一般廃棄物(生ごみ)に直接噴霧すると臭いが一瞬でフルーティーな香りに変化し、その効果が一定時間持続する。

同時発売の専用噴霧装置は、デオマジック 香り de まじっくの効能を考慮した噴霧機能を備えており、ポリ缶タイプの濃縮液を水で20倍に希釈して充填し使用。付属タンクを満杯にした状態で、約4分30秒(約1日分)噴霧を繰り返すことができる。噴霧装置は、新車販売時のオプションとして設定するほか、使用中の塵芥車にも後付けできる。

価格(税別)は専用噴霧装置が13万5000円(新車装着時)、濃縮液が3万8000円/缶(17kg入り)。新明和工業では発売に先駆け、デオマジック 香り de まじっくおよび専用噴霧装置付の塵芥車を、5月23日から26日まで東京ビッグサイトで開催される「2017 NEW 環境展」にて公開する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:5/18(木) 9:00

レスポンス