ここから本文です

「旅の図書館」オープン 伊豆の長倉書店内

伊豆新聞 5/18(木) 13:35配信

 伊豆市柏久保の長倉書店(長倉一正社長)の店内に16日、「旅の図書館 伊豆」がオープンした。伊豆関連の書籍が閲覧できる私設図書館で住民が郷土のことを調べたり、観光客が立ち寄って伊豆の観光情報を調べることができる。

 館内は広さ約20平方メートルで内装は天城山のヒノキやスギをふんだんに使った、落ち着いた造りになっている。

 本棚には長倉社長の祖父・慶昌さんが収集していた約2千冊から500冊を抜粋し歴史、文学、観光、自然誌などジャンル別に並べられている。写真や地図を多用した本や井上靖の初版本などを選んだ。

 長倉社長がコンシェルジュを務め、設置してあるタブレット端末で、電子書籍化済みの資料も閲覧できる。長倉社長は「なかなか目に触れることのできない本もあるので、ぜひ読んでほしい」と話した。開館時間は午前9時~午後6時、入館無料。問い合わせは同店〈電0558(72)0713〉へ。

 【写説】「旅の図書館 伊豆」の説明をする長倉社長=伊豆市柏久保の長倉書店

最終更新:5/18(木) 13:35

伊豆新聞