ここから本文です

【インドネシア】日通現法、東カリマンタン州に営業所開設

5/18(木) 11:30配信

NNA

 日本通運は17日、インドネシア現地法人の一つ、インドネシア日本通運が15日、東カリマンタン州のバリクパパンに営業所を開設したと発表した。日通グループとしてインドネシア国内で14番目の拠点となる。
 航空貨物のフォワーディング(輸出入業務)を手掛ける。日通広報部によると、2人体制でスタートした。今後、顧客の要望に応じて、通関業務などを順次、検討する。
 バリクパパンは、豊かな天然資源に恵まれ、木材や鉱物資源、石油製品が主に生産されており、建機や鉱業関連の企業進出が多い。インドネシア日通は、今後も物流サービスのニーズが高まるとみて、営業所開設に踏み切った。
 日通グループはインドネシアで、インドネシア日通が9拠点、NEXロジスティクスインドネシアが1拠点、日通インドネシア物流が4拠点を擁する。インドネシア日通の拠点は、リアウ諸島州バタム、バリ、今回開設したバリクパパン以外は全てジャワ島内にある。

最終更新:5/18(木) 11:30
NNA