ここから本文です

ピアニストのダン・タイ・ソン、初のシューベルト・アルバムをリリース

5/18(木) 16:58配信

CDジャーナル

 1980年のショパン国際ピアノコンクールでアジア出身者初の優勝、同時に数々の特別賞を受賞したことで注目を浴びて以来、世界40ヵ国以上の檜舞台で活躍を続けるベトナム・ハノイ生まれのピアニストのダン・タイ・ソン(Dang Thai Son)が、初のシューベルト・アルバム『シューベルト: ピアノ・ソナタ第21番 他』(VICC-60945 3,000円 + 税)を5月24日(水)にリリース。6月には、アルバムに収録されているシューベルトを中心にショパン、リストの作品を織り交ぜた日本公演も開催。

 これまでショパン作品を中心に、ドビュッシーやラヴェル、チャイコフスキー、メンデルスゾーンといった録音を残してきたダン・タイ・ソン。今回初めて、シューベルト作品3曲から成るアルバムを新たに録音しました。長いキャリアを経て取り組んだシューベルトに、注目が高まります。

最終更新:5/18(木) 16:58
CDジャーナル