ここから本文です

曳き合い勇壮 岩瀬曳山車祭始まる

5/18(木) 11:13配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 富山市岩瀬白山町の諏訪神社の祭礼「岩瀬曳山車(ひきやま)祭」が17日、同市岩瀬地区で始まった。夜は山車が激しくぶつかり合う勇壮な「曳き合い」が行われ、同地区は熱気に包まれた。18日まで。

 日中は、華やかな「たてもん」を飾った山車13基の曳き回しが行われ、曳き子の威勢の良い「ヤサー、ヤサー」の掛け声が響き渡った。

 祭りの目玉、曳き合いを前に、神様の魂を宿したみこし2台と山車が連なって町内を練り歩く「お旅はん」が行われた。金刀比羅神社での神事の後、諏訪神社を目指して町内を巡行した。

 曳き合いは午後10時45分ごろにスタート。高さ約4・5メートル、重さ約5トンの山車10基が2基ずつ向かい合い、勢いよくぶつかると、沿道の住民や見物客から大きな歓声が起こった。

 18日は日中の曳き回しに続き、午後8時ごろから岩瀬小学校近くの忠霊塔前でお囃子(はやし)競演、午後10時ごろから曳き合いが行われる。