ここから本文です

キリンビール、ハイネケン・キリンが19年ラグビーW杯支援!

サンケイスポーツ 5/18(木) 7:00配信

 世界192カ国で飲まれるプレミアムビール、ハイネケン(本社・オランダ)を日本国内で販売するキリンビール、ハイネケン・キリンは17日、ハイネケンが2019年ラグビーW杯日本大会のワールドワイドパートナーとなったことを受け、同大会に向けての取り組みについて発表した。

 ハイネケンがW杯のワールドワイドパートナーとなるのは5大会連続6度目。今後は、開催12都市や出場国の国内キャンプ地を中心に本格的にビールを楽しめる地域コミュニティーの創出、大会期間中に開催地に設けられるファンゾーンの活動支援、優勝杯の「ウェブ・エリス杯」が国内を巡るトロフィーツアーの活動支援などを行う。

 キリンビールの布施孝之社長は「昨年、日本で飲まれたハイネケンの量は9200キロリットル。海外からの観戦者も多数来日する19年にはその1・5倍ぐらいに」と見込みを語った。会見後には、元日本代表WTBで19年W杯アンバサダーの大畑大介氏もフォトセッションに加わり、盛り上げにひと役買った。

最終更新:5/18(木) 8:35

サンケイスポーツ